直腸がんを始めとするがんは初期段階なら治しやすくなります。

がんとはどんな病気か

がんとは、体のほとんどの部位に発生する可能性のある病気です。有名なところでは直腸がんや肺がん、乳癌などがあります。がんは徐々に進行していく病気であり、末期になると命の危険が非常に高くなる恐ろしい病気です。しかし、初期段階で発見・治療を行うことで治療後も問題なく生活することができます。

がんの原因とそれが原因で発症する恐れのあるがんの一例

  • ストレスがたまっている状態(ほぼすべてのがんに関係)
  • 肉食中心で栄養の偏った食事(食道がん、胃がん、直腸がん)
  • 睡眠不足が慢性化している状態(ほぼすべてのがんに関係)
  • 過度な喫煙(口腔がん、直腸がん、肝臓がん、膵臓がん、肺がん、子宮がんなど)
  • 過度な飲酒(口腔がん、食道がん、直腸がん、肝臓がん、乳癌)
  • 排ガスなど空気が悪い環境の長期滞在(肺がん)
  • 運動不足(結腸がん、乳癌、子宮がんなど)
  • 過度な塩分摂取(胃がん)
  • 肥満状態(結腸がん、腎臓がん、膵臓がん、子宮がんなど)
  • ピロリ菌感染(胃がん)

新着情報

ストレスとがん

がんはまだ不明な点も多い病気ですが、ストレスが大きく関わっているのではないかともいわれています。日常生活において過剰なストレスを受け続けていると、がん細胞が発生しやすくなるといわれています。ストレスは、日常生活で発生しやすいです。特に、睡眠不足などでも発生することが多いため、ストレス対策はがん予防に繋がる可能性が高いです。

がん治療の方法

外科治療

最もポピュラーな治療方法が、外科手術によるがん細胞の摘出です。直接がん細胞を切除するので最も確実な治療法の1つです。近年ではマイクロスコープなどで目に見えない箇所の検査もしやすくなり、再発のリスクは大きく下がりました。しかし、術後に患者の体力が大きく低下するので入院後の対処が重要になります。

化学治療

こちらは、抗がん剤を用いて治療を行います。抗がん剤は、がん細胞を攻撃し、治療していく方法です。こちらは外科治療と違い、点滴によって治療を行うので入院のリスクが少ないのが特徴です。しかし、抗がん剤は健康な細胞も攻撃するため、強い副作用が発生します。近年では副作用をおさえたものも開発されており、外科治療と併用して行われることが多いです。

放射線治療

放射線を患部に照射してがん細胞を死滅させる治療法です。リスクとして、健康な細胞にも多少影響が及ぶので副作用が発生することが多いです。また、一度の照射できる量が決まっているので、長期的な治療になります。近年ではよりピンポイントに照射できるようになったので、副作用を大幅に抑えやすくなりました。

意外と多いがんの検査と治療方法

病院

がんの三大治療の進歩

医学の発展に伴い、がんの治療はより優れたものになりました。さらに乳がん検診などがん検診を定期的に行えば初期段階でがんは発見しやすく、少ないリスクでがんの完治が可能です。しかし、放置しているとやはり危険なので、こまめに検査を行い、がんが発生しないように日常生活を健康的に過ごしましょう。

新たな治療方法

ガンの新たな治療方法として免疫療法があります。これは、体内の免疫細胞を強化し、がん細胞を攻撃させるという治療方法です。免疫療法は、今までの治療法とは違い、体の内部から治していくという方法です。しかし、現在はまだ研究段階であり、従来の治療のサポートとして使用されています。

広告募集中